DolceVita〜おいしい人生を叶えるブログ〜

おいしいスイーツをいただくように、人生も味わいましょ。子育てを中心に、がんばらなくても、背伸びしなくても、日々を心豊かに過ごせるヒント集❤︎

「私、◯◯◯◯◯◯◯◯だから。」〜仕事に追われる疲弊ワーママを脱する方法

ご訪問ありがとうございます。

f:id:makoto_dolcevita:20191114160124j:image

ワーママになるって、どういうイメージですか?

今ワーママの方、どんな気持ちで働いていますか?

 

いつもいつも仕事に追われてる?

お迎えのために仕事が途中でも切り上げて、ダッシュで会社を出る?

時短なのに、周りに申し訳なくて残業?

大変だけど、子供のため家計のために働かなきゃ…?

 

もしこんな感じだったら、騙されたと思って、

次のように考え方を変えてみてください。

 

 

「私、いつ辞めても平気だから。」

 

ワーママは、ハッタリでいいから、このくらいの気持ちでいいと思います。

 

辞めるとなったらやる気が出る感じ、分かりますかね(^ ^)


「辞めてもいい」という選択肢を持つことで、心に余裕ができます。

臆せず発言ができるようになります。

業務が山積みの時は、新しいことを断る勇気も持てます。
結果的に、仕事のパフォーマンスもよくなります。

 

ハッタリでいいんです。
意識が変われば行動も変わるので。

例えば、
「お迎えいかなきゃ!」っていうのが頭にあったら、
それまでは相手が忙しそうだなとか様子を伺って
なかなか声をかけられなかったのが、
そんなの待たずに会えた時にどんどん聞きに行く、
っていうふうに、行動が変わりますよね。


逆に、
「今この仕事を手放すわけにはいかない」
「お給料が低いのも時短の間の辛抱だから」
って思っていたら、
会社のいいように使われて、疲弊ワーママになる。

「お給料はガマン料」っていう考え方がありますよね。
「ガマン料」だと思っているから、
ガマンする行動を取ってしまうんです。

そして仕事は、
ガマンしてくれる人=言うことを聞いてくれる人のところに集まります。
そういう人は、声を上げませんから。

しかも会社には、それで平気なんだと思われていますよ。

 

 

「私、いつ辞めても平気だから。」

 

この覚悟で働いていたら、未来はどんなふうになるでしょう。

 

仕事ぶりを認められて社内の味方が増えるかもしれないし、

裁量も増えるかもしれないし、

仕事の楽しみを見つけられるかもしれない。

やりがいのあるプロジェクトに抜擢されるかもしれない。

もっといい条件のところから声がかかるかもしれない。

収入の柱を増やす行動を取るようになるかもしれない。

 

近い将来、本当に辞めても大丈夫になっているくらい

力がついていることだってありえるんですよ。

 

 

騙されたと思って、やってみてください(^ ^)



お読みいただきありがとうございました。

 

©︎ 2019 dolcevita_makoto