DolceVita〜おいしい人生を叶えるブログ〜

おいしいスイーツをいただくように、人生も味わいましょ。子育てを中心に、がんばらなくても、背伸びしなくても、日々を心豊かに過ごせるヒント集❤︎

「お給料はガマン料」で済ませてはいけないことがある。

ご訪問ありがとうございます。

f:id:makoto_dolcevita:20191116235823j:image

ずっと、記事にするか迷っていたのですが、

一つ前の投稿(→★)に関連してくるので、話します。

育休中の方や、職場復帰された方の身にも

もしかしたら起こるかもしれない話です。

投稿を複数回に分けて引きずりたくないので、

長いのですが、一気にいきます。すみません。

(重暗くならないように気をつけていますが)

 

 

内容を簡単に言うと、

  • 「お給料はガマン料」で済ませてはいけない話
  • 会社に搾取されるワーママの話
  • 0歳7ヶ月の息子が入院した話
  • 夫が倒れた話
  • 私が退職を決意した話
  • 30代子持ち転職のリスクをメリットに変えた話

を無理やり盛り込んでいます。

 

他人の苦労話を読みたくない方は、スルーしてくださいm(_ _)m

 

 

 

┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈

 

 


私は会社員時代に2人出産したので、

2回の産休育休と時短勤務を経験しました。

 

復帰後は産休育休で休んだ分の恩返しをしたくて、

時短でもフルタイム以上の成果を出しました。

 

2人目を産んだ後はさらにがんばりました。

ただこの時、そうする他なかった状況ではありましたが、

仕事を優先させて家族に負担をかけてしまいました。


いろいろな事情が重なり、復帰して早々、

通常2人で回していた部署の事務員が私1人になり、

(さすがに本社や営業さんも手伝ってくれましたが)

時短なのに毎日21時帰宅がしばらく続いたのと、

当時0歳7ヶ月くらいの息子が入院して

夫婦で交代で付き添い入院していたら

仕事家事育児の負担が乗っかり続けていた夫が

倒れてしまったのです。

f:id:makoto_dolcevita:20191117000642j:image

娘も当時2歳でしたが、お母さんがなかなか帰ってこない日が続いたと思うと

今度は弟の付き添い入院で会えたら会えなかったりで、

寂しい思いをさせていたと思います。

(病棟へはきょうだいでも中学生未満は入れないのです)

 

余談ですが、このとき通常よりお給料が多かったので、

残業代はもらえていた気はするのですが…

ありがたいけど、そのために標準報酬月額が上がり、

社会保険料が上がってしまいました…!(T_T)

しかも残業はしなくなっても、上がった社会保険料は翌年まで続くのです。

ただでさえ少ないお給料なのに、引かれる額が増えたのもショックでした。

 

家族を犠牲にしてまでがんばったのに、

お給料は時短なので初任給程度で、

ボーナスも育休分きっちり減算されている。

 

当然だというのは分かっていますが、

こればかりは納得がいかなかったです。

 

ボーナスは楽しみにしていただけに、

金額の少なさにショックも大きかった…

 

 

大事な家族に迷惑をかけたのです。

大事な家族の健康を損なったのです。

私の中では、もう「お給料はガマン料」では

済ませることはできないと思いました。

 

夫がうつ病とかにならなくて、本当によかったです…。

 

その後、入ってくれた派遣さんも育ち、

事務のバタバタも立て直し、定時で帰れるようになり、

元の生活が戻りました。

 

当時のことは私としては「我が家の暗黒時代」的な位置づけですが、

会社としては、“おかげでなんとかなった”っていう、それで終わりです。

 

私の労働力を搾取されているだけだとまで感じました。

雇われるということ、会社員になるというのは

そういうことなんだな、というのも、初めて認識しました。

f:id:makoto_dolcevita:20191117001003j:image

 

部署のメンバーは皆本当にいい人だったし、

社内でも立ち回りやすく、居心地はよかった。

 

私が1人事務になった事情というのも、それを恨むとかではなくて、

「大変なのは目に見えているけどやるしかない!」

「自分しか出来る人はいない!」

という気持ちで復帰しました。

 

でも、「会社」というもの…

昇給・昇格が年1とか、

昇給っていってもたいして上がらないとか、

次の満額もらえるボーナスが半年後とか、

成果を上げても査定の頃には忘れられるんじゃないかとか、

どんっっっなにがんばってもたいして報われないのって、

よく考えたらおかしいなって思いました。

 

 

夫に、「今の会社にいて未来はあるの?」と聞かれ、

自分はこのままでいいのか?

考えました。

 

自分で稼いだお金なのに、自分のために自由に使えない。

仕事を早く終わらせるほど、楽になるどころかやることは増えていく。

毎日同じことの繰り返しで、成長の機会がない。

希望の業務には一度推薦されかけたものの、

結婚で本社を離れたため遠ざかったっきりで望み薄。

他の先輩女性社員さんを見ても、なりたい未来じゃない。

 

今の道をこのまま進んで、私の理想の生活に辿り着くのか?

行けたとしても、何十年後?

その間、ずっとガマン?

 

 

…答えはNOでした。

 

 

今の時代は、仕事の仕方も収入を得る方法も様々。

 

会社を辞めても、ここまでがんばれた自分なら

1人でやっていけるんじゃないかと思いました。

会社員で理想の暮らしを送れるようになるのを待つより、

自分で動いた方が早いんじゃないかと。

f:id:makoto_dolcevita:20191117000101j:image

 

実はそれまでは、30代・保育園児持ちで転職のリスクを取るより

多少我慢してでも今の会社に居続ける方が

いいと思っていたので、

退職・転職するという選択肢はありませんでした。

 

部署のメンバーは育児に理解がある。

頑張った甲斐あって部署の業務全体を把握できる立場になれた。

事務で一番の古株になり、メンバーからの信頼も得ることができた。

知識も経験も裁量も増え、社内で立ち回りやすくなった。

 

お給料や通勤時間ややりがいなどの不満はありましたが、

転職してこの歳で新入社員やるよりはマシだと感じていました。

 


でもあの暗黒時代を経た今、

それはがんばりの方向を間違えているんだと思ったし、

幸い、夫が自分の会社に誘ってくれたので、

子持ち転職のリスクや不安は消え、まるまるメリットに変わりました。

 

それで会社を辞める決意ができました。

 

ちょうど復帰して最初のボーナスで大学の奨学金も完済できたし、

思い残すことはない!

 

 

今は、好きなことを仕事にして、

好きな場所で好きなだけ遊ぶように働いて、

憧れのライフスタイルを叶えています。

理想の暮らしにも、以前より近づいていると思います。

 

会社員時代より、はるかにストレスは減りました。

f:id:makoto_dolcevita:20191116235842j:image

┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈

 

今までは「お給料はガマン料」でやってきたけど、

もし「それでは済まされない」という出来事が起きたら。

 

あなたは、どうしますか?

 

 

前回投稿した、

「私、◯◯◯◯◯◯◯◯◯だから。」

という気持ちでいれば、

サクッと路線変更できるかもしれません。

 


それに、大変な出来事というのは

やはりそれだけ学びがあるもので、

自分にとって必要だから起こるのかもしれない。

自分の価値観を見直したり、今までの道のりを振り返るチャンスでもあります。

 

きちんと向き合えば、必ず未来は拓けるものだと思います。



お読みいただきありがとうございました。

 

©︎ 2019 dolcevita_makoto