DolceVita〜おいしい人生を叶えるブログ〜

おいしいスイーツをいただくように、人生も味わいましょ。子育てを中心に、がんばらなくても、背伸びしなくても、日々を心豊かに過ごせるヒント集❤︎

ママを救う(?)パリジェンヌ流スキンケア〜リビングで子供を見ながら、「洗い流さない」洗顔。

ご訪問ありがとうございます。

f:id:makoto_dolcevita:20190327010101j:image

今日は慣れない美容の記事です。(^ ^;)

美容好きの方がご覧になったら本当に恥ずかしい内容なのですが、私の中で目からウロコ的な大きなことだったので、書こうと思います。

全然最新情報とかではないので、悪しからず…。

 

 

どうしてママに“洗い流さない洗顔”?

子供が起きている間に洗顔って難しい。

顔を洗っている時に、赤ちゃんが泣いた。

泣きながらまとわりつかれる。

手も顔も泡だらけなのに、絵本読んでと絵本でバシバシ叩かれる。

こっちは目を開けられないのに、洗面所にあるものをイタズラされる。

かと言って、寝かしつけの後に…だと、寝落ちしたらアウト。

(睡眠第一なので子供と一緒に寝ます)

 

なので、子供を見ながら済ませられる洗顔が理想。

なんなら、洗面所に行かなくてもいい洗顔が理想。

 

そんな私がたどり着いた「洗い流さない洗顔

 

昔ネットで見たことはあったものの、実践はしなかった。

それがここへ来て、「いいんじゃない!?」と一躍HOTなワードになりました!

 

さっそく、使っている2つのスキンケアアイテムと使い方をご紹介します!

 

イヴ・サンローラン ❤︎ トップ シークレット クレンジング バーム

これは本当は洗い流さないといけないのですが…。

バームタイプで2度洗い(泡洗顔)不要のクレンジング。

肌に乗せるとスッと溶けてオイル化しますが、オイルクレンジングのように腕に垂れてこないので、私はリビングで子供を見ながらメイクを落としてます。

すぐ馴染んでメイクもしっかり落ちます。

くるくるしてると角栓がポロポロ出てきて、毛穴のケアにもよさそう。

最初に言った通り、本当はこの後水かぬるま湯で流すのですが、私は簡単にティッシュオフしてから、流す代わりにこれまたリビングで角質ケアの拭き取り化粧水で仕上げ。

(拭き取り化粧水がなくなった今は、次に挙げるクラランスのオードコンフォート エクスプレスを使っています。)

 

クラランス ❤︎ オードコンフォート エクスプレス

子供がついてくるから洗面所に行きたくない、手が離せなくなるからオイルや洗顔料や水を使いたくないとズボラな本音をぶっちゃけたら、BAさんがオススメしてくれました。

(『忙しいのにきちんとしたいって思っていらっしゃって…』とプラスに言ってくれる、優しいBAさん!)

メイク落とし〜洗顔〜化粧水までがこれ1つでできちゃうという、ママの味方のようなコスメ。

コットンに含ませてメイクを拭き取り。

片面が終わったらもう片面で拭いて…メイクがつかなくなるまでコットンを取り替えて繰り返し。

アイメイクはアイメイク用のものできちんと落とした方がいいらしいのですが、私はアイメイクはしていないので、これだけで完了です。

これも、リビングで子供が遊んでる横でやってます。

毛穴ケアはこれだけでは不安なので、余裕のある日は上に挙げたYSLのバームで、という感じで併用しています。

 

拭き取り洗顔はフランスでは主流。ノンストレスで美肌を叶える!

自分のズボラを正当化するわけではないのですが、水道水で洗い流さない「拭き取り洗顔」はフランスでは主流の洗顔法だそうです。

(だからクラランスはそういうアイテムがあるのですね。YSLもフランスですね)

 

フランスは空気が乾燥していて肌も乾燥しがち。

また水道水は硬水で、多く含まれるカルキが肌を乾燥させる原因になるので、洗顔には適さないそうで。

ここは日本ですけれども、私はこれらのアイテム・拭き取り洗顔に切り替えてから、スキンケアが本当に楽になりました。

 

数少ない自分を労われるスキンケアの時間。

それまでは洗面所まで子供が割り込んで来るので落ち着いてできなかったのが、今は子供のいるリビングでできるので、子供も安心してか無駄に(?)寄って来ず、落ち着いてできます。

また、泡洗顔のステップがなくなったので、時短にもなっています。

 

お肌の状態に関しても、もともと乾燥肌の私ですが、この冬の後半、お肌ふわふわで過ごせました。

 

化粧品の匂いが大丈夫であれば、つわり中の妊婦さんや、新生児のママにもいいかも?

 

パリジェンヌのスキンケアが日本の(少なくとも1人の)ママを救った話でした。笑

 

 

お読みいただきありがとうございました。

©︎ 2019 dolcevita_makoto