DolceVita〜おいしい人生を叶えるブログ〜

おいしいスイーツをいただくように、人生も味わいましょ。子育てを中心に、がんばらなくても、背伸びしなくても、日々を心豊かに過ごせるヒント集❤︎

職場復帰ママに捧ぐ①〜時短の味方!ショートカットキーのススメ(※初心者さん向け)

ご訪問ありがとうございます。

f:id:makoto_dolcevita:20190320022723p:image

この4月から職場復帰を控えている育休ママさんも多いのではないでしょうか。

お迎えのため、どうしても残業できないワーママ。今日はそんなワーママさんたちの強い味方!定時で帰るための必須テクニック!パソコンのショートカットキーを、簡単ではありますが、ご紹介したいと思います。

※ちなみにWindowsのショートカットです。Officeソフトで幅広く使えます。

 

初心者さん向け、取り組みやすい最低限の内容です。『今さら!』『そんなのもう使ってるよー』という方に見られたら恥ずかしいくらい。😭

それでも、私の実感として、周囲で使っている人が少ないため、思い切って紹介します。物足りない内容でしたらご容赦ください!😣

 

 

ショートカットキーとは?

ショートカットキーとは、マウスを使わずキーボードを使ってパソコンの操作を簡単に行うための機能です。

具体的には、エクセルでセルのコピーをしたい場合、マウスを使う場合だと

  1. コピーしたいセルを右クリック
  2. 出てきたタブから「コピー」を探す
  3. 左クリック

の3ステップかかるところ、ショートカットキーだと

  1. コピーしたいセルでCtrl+Cを押す

の一瞬でできでしまう、という、まさにショートカット(=近道)。

また、手の位置は常にキーボードの上なので、マウスを使うより確実にスピードが上がります。この、キーボード⇄マウスの手の移動、侮ってはいけません。

いちいち持ち替えていると、単純にその分時間をロスしますし、ポインタを探さないといけません(マウスを左右にカチャカチャッとかやっちゃう)。タブから目的の操作を探すのにも時間がかかる(頭の中で『えーっと〜コピーコピーは、と…』とか言っちゃうとなおさら)。

視線も思考もストップしてしまいますし、はっきり言って何も生まない無駄な時間です。

ショートカットキーを使えば、手は常にキーボードの上で済みます。

1回1回はわずかな時間ですが、積み重なると大きな差になるのです。特に内勤で、一日中デスクワークの方ならなおさら。

 

私が10年間、3つの部署(本社の管理部門・営業部門)を経験してきた中で、ショートカットキーをつかっている人は男女問わずほとんどいませんでした。(私が知らないだけかも…?)システム系の部署の方は、さすがに使っていましたが。

私は子供の頃に親に教えられてショートカットキーを使っていたので(Macでしたが)、皆も知っているものだと思っていたのですが、会社では皆使っていない。

そういえば、学校でも習った記憶はないような…?(今時の学校は習うのかしら…)

なので、知っていればいつの間にか時短が叶う!周りと差別化できる!デキる人と思ってもらえる!?的な豆知識なのかなと思います。

 

ところで…ネットで「ショートカットキー」って検索すると、ものすごい量のショートカットキー一覧が出てきます。正直言って、全然頭に入ってきません。パンクします。🤯

でも、Ctrlキーとの組み合わせのものだけでも覚えれば十分です!

左手の小指は何もしていない時は常にCtrlキーにスタンバイさせてください。小指でCtrlキーを押しながら、左手の他の指で、2つめのキーを押しますよ。(右手は使いませんよ〜。左手だけでやってくださいね♪)

 

これだけは覚えておきたい!Ctrlキーとの組み合わせ。

  • 基本の7つ

  1. Ctrl+C : コピー
  2. Ctrl+X : 切り取り
  3. Ctrl+V : ペースト(貼り付け)
  4. Ctrl+Z : 直前の操作を取り消し(元に戻す)
  5. Ctrl+Y : やり直し(取り消しすぎた操作をやり直す)
  6. Ctrl+S : 上書き保存(ちなみにF12で名前をつけて保存)
  7. Ctrl+P : 印刷(なんならEnterキーも押しちゃえばそのまま印刷実行)

コピー&ペーストくらいなら、使っている人も多いのでは💡(私の周りの人は、これすら使わない人ばかりですが)

あっ、Ctrl+Pとかはさすがに左手だけでは一度に押さえられないので、Pは右手でOKですよ。

  • ついでの5つ

  1. Ctrl+F : 検索
  2. Ctrl+H : 置き換え
  3. Ctrl+A : 全てを選択
  4. Ctrl+N : 新規書類、新規ウインドウ
  5. Ctrl+W : 選択しているファイル、フォルダを閉じる(ウインドウ右上の×を使わずに閉じられます。ちなみにアプリケーションの終了はAlt+F4)

 

ショートカットキーを使えば、流れるように美しく作業ができます!

私の周りの人がショートカットキーを使わない理由って何でしょうか。

  • 本当にショートカットキーを知らない(自分から興味を持って勉強する以外に学ぶ機会がない)
  • 覚えるのが面倒(私も新しいショートカットキーはなかなか頭に入らない)
  • 知っていてもマウスで事足りるから使うまでもないと思っている(教えても実際その後使う人は少ない)

でも、これを読んでくださったあなたは、基本の7つだけでも、騙されたと思って使ってみてください。

  • マウスの場合数ステップかかる動作が、一瞬でできる
  • マウス⇄キーボードの手の移動、時間のロスを減らす

ことで、思考を妨げることなくノンストレス&スムーズに作業ができ、自然と作業効率・生産性を上げることができます!

まずは1週間試してみて、そうすれば仕事の仕方が変わってくると思います。そして、指が操作を覚えるくらいまでになれば、流れるように美しく仕事ができるようになっているはずです。

時間内にサクサク仕事をこなし、颯爽とお迎えに行きましょう!

 

ここでご紹介したのはほんのほ〜んの一部なので、ご興味のある方は、他のショートカットキーも調べてみてくださいね。

私は使いませんが、パワーポイントをよく使う人向けだったり、ウェブブラウザをよく使う人向けのものもあります!ご自身のお仕事内容に合うものが見つかるといいですね。

 

皆さまの職場復帰を陰ながら応援しています。

1年前の4月に0歳4ヶ月で息子を預けて職場復帰したワーママより。

 

 

お読みいただきありがとうございました。

©︎ 2019 dolcevita_makoto