DolceVita〜おいしい人生を叶えるブログ〜

おいしいスイーツをいただくように、人生も味わいましょ。子育てを中心に、がんばらなくても、背伸びしなくても、日々を心豊かに過ごせるヒント集❤︎

時短!洗い物最低限!禁断の手抜き離乳食!

ご訪問ありがとうございます。

 

1年前の今頃は0歳4ヶ月の息子の慣らし保育中だったワーママ、makotoです。

(初めての自己紹介で始まるパターン)

 

新年度が始まって一週間が経ちました。

慣らし保育中の方、職場復帰直前の方、すでに復帰された方。

今日は、そんな皆さんに見て頂きたい!

バタバタしがちな食事の準備に助かる、手抜き離乳食(つかみ食べ以降)をご紹介しようと思います。

 

とにかく早く食事の用意をしたい。

とにかく洗い物を減らしたい。

そんな思いが生み出した、禁断の手抜き離乳食です。

手抜きすぎて恥ずかしいですが、どうぞ。

 

 

お好み焼

f:id:makoto_dolcevita:20190316162930j:image

材料
  1. コンビニやスーパーの千切りキャベツ…軽く2つかみくらい
  2. 卵…1個
  3. 小麦粉…大さじ2
  4. お好みの具材(ツナ、コーン、カニカマやマヨネーズ、かまぼこ、しらすなど。余った卯の花もおススメ)
道具
  1. 小さめのボウル
  2. 卵焼きパン
  3. クッキングシート
  4. フライ返し
  5. お箸
作り方
  1. お好みの具材を細かく切る
  2. 小さめのボウルに1.の具材と千切りキャベツ、卵、小麦粉を入れて混ぜる
  3. クッキングシートを敷いた卵焼きパンを熱し、2.を入れて四角く広げる。(我が家はゴムべらも使用)
  4. 中まで火が通るまで、両面を焼く。
  5. 卵焼きパンの上で、フライ返しで適当な大きさに切る。(12等分くらい)

 

ツナコーンサラダを買えば、ツナコーンはそのまま具材に使えるので、手順1.は飛ばせます。

しかもツナ缶の油っこいの、洗わなくていいです。

私はほぼ毎日、具を変えて作りまくりです。

保育園の連絡ノート、朝も夜も、昨日も今日も「お好み焼き」。😂

でも飽きずに食べてくれる息子に感謝。

千切りキャベツで芯の部分があると食べにくかったり切りにくかったりするので、取り除くといいです。

 

卵ご飯焼き

材料
  1. 卵かけご飯…1人前
道具
  1. 卵焼きパン
  2. クッキングシート
  3. フライ返し
  4. お箸
作り方
  1. クッキングシートを敷いた卵焼きパンを熱し、卵かけご飯を四角く広げる。(我が家はゴムべらも使用)
  2. 中まで火が通るまで、両面を焼く。
  3. 卵焼きパンの上で、フライ返しで適当な大きさに切る。(12等分くらい)

 

スティック野菜

材料
  1. コンビニやスーパーのスティック野菜
道具
  1. タッパー
作り方
  1. スティック野菜をタッパーに入れる
  2. 水をかぶるくらい入れて、フタをして電子レンジで3分加熱
  3. 冷まして出来上がり

 

もはや“切る”という行為も投げ出しました。

包丁まな板使いたくないんですもん。(恥)

ニンジン、大根は3分、きゅうりは1分くらいでいい感じの柔らかさに。

長い場合は半分にカットしてください。

3歳の上の子は普通に生のスティック野菜として食べています。

 

電子レンジでミニオムレツ(2人分)

材料
  1. 卵…1個
  2. 牛乳…適量
  3. お好みの具材(カニカマ、しらす、とりそぼろ、ほうれん草、魚肉ソーセージなど。なくてもよい)
道具
  1. 小さめの深さのある器(ご飯茶碗やサラダボウルなど)
  2. お箸
作り方
  1. 器に卵を割って、牛乳とお好みの具材を入れてよく混ぜる。
  2. 電子レンジで2分ほど加熱。
  3. 冷まして食べやすい大きさに切って出来上がり。(もちろん子供のスプーンで切る。)

 

オムレツって電子レンジでできるんですね。油も使いません。

加熱していると卵がムクムク膨らむので、お茶碗くらいの深さのある器を使ってください。

うちは上の子と下の子で半分こしてます。

下の子用のはサイコロカットにして、もちろん自分で手づかみで食べさせてます。

 

手抜きポイント!!

  • とにかく包丁まな板使わずにできる。キャベツの千切りとか散らばらない。
  • 野菜を洗わなくていい。(洗わなくていいカット野菜を使ってください!)
  • すぐできる。朝起きてから5分〜10分あればできる。
  • 洗い物が少ない。油で汚れないので洗いやすい。
  • 余ったら冷凍できる→次回がラク
  • 子供が自分で手づかみで食べてくれるので、その間に自分は他のことができる!(メイク、連絡ノート書き、洗い物、保育園の荷物用意…)

 

都度の調理で自分が無理なく日々を回すためにと考えると、ここに辿り着いてしまいました!

カット野菜は、よく言えば「お金で時間を買っている」のですが…。

ちなみに夫は、ちゃんと大根やニンジンを買って、自分で茹でて切っています。

夫の方がちゃんとしてるという。

でも私は、料理って毎日のことなので、とにかく効率重視のやり方ですね。

 

世の中にはこんな超手抜きママもいますよ〜。

これでも娘は、「お母さん作ってくれてありがとう♪」と言ってくれます…神か😂

パパさんママさん、がんばりましょうね。

 

(内面を磨くとかいう記事を書いたのと同一人物とは思えない!暴露するの自粛したほうがいいかな…😅)

 

 

お読みいただきありがとうございました。

©︎ 2019 dolcevita_makoto