DolceVita〜おいしい人生を叶えるブログ〜

おいしいスイーツをいただくように、人生も味わいましょ。子育てを中心に、がんばらなくても、背伸びしなくても、日々を心豊かに過ごせるヒント集❤︎

あえてのギリギリ出社。きっぱり定時退社。〜時短勤務ワーママの心得

ご訪問ありがとうございます。

f:id:makoto_dolcevita:20190726005247j:image
今日は時短勤務ワーママや、これから時短勤務デビュー・ワーママデビューをする方へ伝えたいことをお話しします。

 

最後にちょっとしたワークがあります。

もしよければ、やってみてください(^ ^)

 

 

時短勤務あるあるで、

「産休育休もらった分、会社に恩返ししたい」

「早く帰るのが申し訳ない」

という思いで、ちょっとでも早く出社したり、

最初は30分の残業が45分、1時間とだんだん伸びてしてしまったり…

という場合があります。

 

私も職場復帰時は恩返ししたい、貢献したいと思っていたし、そう思うのが人情というもの。

 

でも、結論から言うと…


ずるずる会社にいても無駄です!

遠慮せず、遅く出社して、サッサと帰りましょう!

 


朝は、「仕事のためにちょっとでも早く」なんて思わなくていい!
夕方も、帰る人だって周りに思わせる!

そのくらい、業務改善すれば簡っっっ単に時間短縮できるから。

「絶対時間内に終わらせる!」
って思ってやってれば、できるようになるから。

時短でもやることやってれば周りに信頼されます。

時短なのに残業してがんばってるから信頼されるわけじゃないです!



だから、
ギリギリ出社して、きっぱり定時退社して、
自分のため・家族のための時間にした方が、
ず〜〜〜っといいですよ❤︎

┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈

具体的な業務改善の話は、

このブログの「仕事のヒント」というカテゴリーにもあるので、

もしよかったらご覧ください(^ ^)

┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈



私も時短勤務ワーママでした。
第一子の育休明け・第二子の育休明けともに
仕事量と責任は増える一方。

出産前のフルタイム時に比べ少なくとも
1.5倍くらいの業務を抱えていましたが、
トラブル時以外は、基本、6時間の勤務時間を超えては働きませんでした。


朝は、あえてギリギリ出社。
本当はもうちょっと早く行けるけど、
15分もあれば通勤途中のカフェで時間調整。


ここで貴重な自分時間を確保していました。

(重要ーーーーーー!!!!!)

 

子供のグズりで朝から疲弊してもリセット。

好きな場所、好きなコーヒーとスイーツ(朝から…)で自分を取り戻す。

やっと座って一息つける。

ぼーっとしてもよし。

ブログ・インスタ投稿。

というかここでやっと朝ごはん。


出社したらノンストップ。
時にはお昼休憩もほどほどにひたすら手を動かす。

こはちょっとがんばってましたけども。

 

なんせ通常より2時間短いですから、
【フルタイム時より1.5倍の業務】をなんとかして減らそうとあらゆる手を使いました。

人間、追い込まれれば力を発揮するもんです。
やることなすこと、改善できないかという目で見ているので、かなりの業務効率化ができましたよ。

 

終業時間になったらきっぱり帰りました。
(定時は過ぎても自分の中のリミットは守る)

夕方になると後輩の進捗確認とフォロー、
また、営業さん達が外出から帰ってくるので、
帰り支度をしながらこちらから質問をしたり
向こうから声をかけられるということももちろんあったのですが、
よほどでなければ翌日にしてもらってました。


そしてダッシュで会社を後にします。

 

おかげでしっかり夕方に帰宅して、毎日家族で食卓を囲むことができていました。(^ ^)

 

 

ちゃんと成果も出ていたので、上司からも「非常によくがんばってくれている」「申し分ない」との評価を頂けました。

逆に、同じ部署でフルタイムでも残業していた人は「のんびり屋」「仕事が遅い」のレッテルを貼られていました。

 

でも、フルタイム以上にがんばってもお給料に反映されないのが悲しいところ…。

 

 

ギリギリ出社・きっぱり退社でも、仕事中はしっかりやることやって責任を果たす。

これが大事なのかなと思います。

 

もちろん、周囲への感謝も忘れずに❤︎

もし自分に余裕があったら手伝うとか(^ ^)

 

【おまけ】ギリギリ出社・きっぱり定時退社を実現するワーク

時短勤務ワーママで、仕事が終わらずなかなか帰れないという方。

あるいは、これから時短勤務デビュー・ワーママデビューされる予定の方。

 

あなたにとって大事なのは、仕事をする時間ですか?子供・家族と過ごす時間ですか?

 

後者なら、しっかりとその思いにコミットしてください。

そして、例えばお迎え以降の理想の過ごし方を、なるべく具体的にイメージしてみてください。

 

あなたが手に入れたいのはその時間なはずです。

残業してる時間じゃないですよね。

 

次に、定時で帰るためにどういう行動が必要か、考えてみてください。

 

最初のイメージが具体的な方が、行動する勇気が湧いてきますよ。

 

 

やってみてくださいね(^ ^)

 

 

お読みいただきありがとうございました。

 

©︎ 2019 dolcevita_makoto