DolceVita〜おいしい人生を叶えるブログ〜

おいしいスイーツをいただくように、人生も味わいましょ。子育てを中心に、がんばらなくても、背伸びしなくても、日々を心豊かに過ごせるヒント集❤︎

人生を楽しくするのは簡単。〜幸せになろうとする時に感じる罪悪感の正体とは?

ご訪問ありがとうございます。

f:id:makoto_dolcevita:20190925004629j:image

いきなりタイトルの通りなんですが、

人生を楽しくするのは簡単です。

 

自分の「好き」に正直になる。

自分に許可を出す。

 

それだけ。

 

「好き」に正直になる、は分かるけど、

許可を出す、というのは、どういうことでしょうか…?

 

 

 

幸せになろうとする時に感じる罪悪感

そう、人生を楽しくするには、自分の好きなことをすればいい。

この理屈は簡単。

 

でも、「好きなことしていいよ」って

自分に許可を出すのは、難しいかもしれません。

 

「自分だけ楽しいことしていいのかな」

「自分だけいいもの食べていいのかな」

って…罪悪感を感じること、ありませんか?

 

その気持ちに少しずつでいいので光を当ててあげられるようになったら、

人生が上向いてきますよ。

 

罪悪感の正体とは

幸せになろうとする時に感じる罪悪感、

例えば「自分だけいいもの食べていいのかな」というのは、

「相手はいいものを食べられなくて不幸な人だ」と

自分で相手の幸福度を決めつけているということ。

 

自分がそう思っているだけであって、言ってしまえば妄想です。

 

私たちは、自分の勝手な妄想に遠慮して、

「自分も我慢しなきゃ」と、

幸せのブロックをしてしまっていたのです。

 

それってすごくもったいないことですよね。

 

 

妄想だと分かったら、もう遠慮する必要なんてないんだと

気付くことができると思います。

 

そして、罪悪感を感じるということは、

それを取り除けば幸せになれるということ。

まさに、幸せになれるポイントを教えてくれているのですね。

あなたに幸せになるヒントをくれる存在でもあると言えるかもしれません。

 

 

もしすぐに妄想(=罪悪感)を捨てられなくても大丈夫です。

まず気付いて、認めてあげること。

そうやって少し光を当ててあげられただけでOK。

 

これから、その罪悪感を本当に捨てるか捨てないかは、

あなたの自由です。

 

 

ここからは、捨てようと思った方向けに

話を進めていきますね。

 

罪悪感を捨てるステップ

罪悪感を捨てるのにも勇気がいります。

今まで生きてきた中で培った価値観です。

親の期待とか、家族のためとか、

自分だけの話ではないことだってあります。

 

ずっと我慢してきた方の場合、

自分は本当は何が好きで何をしたいのかが

分からなくなっていることもあります。

 

なので、スモールステップでいきましょう。

 

今できる範囲で、自分を喜ばせる方法がないかということに目を向けてみて下さい。

 

小さなことでも、「〇〇したい」「これがいい」と思ったら、

それを選んでください。

 

例えば、

コーヒー1杯から。

チョコレート1個から。

 

それが一番簡単な方法です。

 

自分を幸せにできるのは自分だけ

本当に簡単なことですけど、

そういう小さな「好き」でも意識的に取り入れていくと、

単純に、笑顔でいられる時間が増えるし、

「幸せ!」って感じる瞬間も増える。

楽しみに過ごす間も、ウキウキワクワクできる。

思考が前向きになって、いいことにフォーカスするようになります。

 

だから、人生がどんどん楽しくなっていくんです。

 

自分で決めて選んで、自分で作り出した好循環。

言い換えれば、自分を幸せにできるのは、自分だけなんですね。

 

だから、自分の「好き」に素直になるというのは、

単純だけどとても大事なことなんです。

 

本当の自分のままで幸せになれる道

自分の「好き」を素直に感じて、

勇気を出して、「やっぱりダメ」の罪悪感を捨ててみる。

 

「こうなったらいいな」っていうのがあったら、

恐れずに、そっちに行ってみる。

 

続けていけば、ちょっとずつ大きな罪悪感に対しても

許可を出せるようになってきます。

 

誰にも遠慮せず、本当の自分のままで幸せになれる道が、

もう見えてくるはずですよ。

 

 

お読みいただきありがとうございました。

 

©︎ 2019 dolcevita_makoto