DolceVita〜おいしい人生を叶えるブログ〜

おいしいスイーツをいただくように、人生も味わいましょ。子育てを中心に、がんばらなくても、背伸びしなくても、日々を心豊かに過ごせるヒント集❤︎

一日の終わり、寝る前に、自分を褒める。〜自分で自分を責めるより、 褒める方がずっといいに決まってる!

ご訪問ありがとうございます。

f:id:makoto_dolcevita:20190904160437j:image

久しぶりの更新になってしまいました。

しばらく放置してしまい、すみません。

その間もアクセスしてくださった方がたくさんいて、

本当にありがとうございます!

 

実は、インスタの方で、

フォロワー様感謝企画をやっていました。

そちらが落ち着いたので、ブログに戻ってまいりました。

 

このブログからもインスタへのリンクを貼りたいのですが、

何度やってもうまくいかず…

もしよろしければ、インスタで

「@makoto_dolcevita」で検索してみてくださいね。

 

 

さて、今日のテーマは、

「自分で自分を褒める」ことについてです。

 

私は最初、「自分で自分を褒める」って、

すごく虚しいことだと思っていました。

 

自分には褒めてくれる人がいない、

自分は寂しい人間だって自覚してしまうようで。

 

皆さんは、どうですか?

 

私は、そんなふうに思っていたので、

全然やっていませんでした…。

 

 

ある時、サロネーゼとして有名な方の講演会が

無料で聞けるというので行ってみました。

(当時その方のブログも見ていたので、ミーハー心もあり…)

 

そしたらその方が

「毎日お風呂の時に自分を褒めている」

と仰っていたのです。

 

「あぁ、このお方ほどの人でも、そういうことをやっているんだ」

と思いました。

(生まれも育ちもすごいセレブな方です。)

 

そして気付きました。

自分で自分を褒めるのは虚しいなんて思わなくていいのかも。

と。

 

 

思えば、ママって、

子供のためにいろんなこと考えてがんばっているけど、

褒めてもらえることって少なくて。

 

仕事ならまだ「ありがとうございます」って

言ってもらえるけど、

家事育児はほとんど感謝されない。

 

家でずっと子供といると、

「これでいいのかな?」って不安になったり

他人の何気ない一言にモヤモヤしたり

何かあったら自分のせいだと思ってしまったり

しちゃうんですよね。

本当は全然そんなことないのにね。

 

だからこそ、どんな小さなことでも、

自分で自分を褒めてほしいんですよね。

で、自分自身や自分の育児に自信を持って欲しい。

 

 

自分で自分を褒めるクセをつけると、

「できたこと」「いいところ」に

フォーカスできるようになります。

 

私自身も、やってみたら、

自分のことを肯定できるようになり、

日々を前向きに過ごせるようになりました(^ ^)

 

 

「子供といっぱい遊んだよね!がんばった!」

「今日も遅刻しなかった。よくやった!」

「離乳食ちゃんと用意した。えらい!」

 

お皿は洗えてなくても、いいんです。

寝坊しちゃってても、いいんです。

レトルト離乳食でも、いいんです。

 

 

褒めるネタは、すっごい小さいことや、

当たり前のことでいいんですって。

「ちゃんと会社に行った」とか、「おはようを言った」でも!

 

そして、褒め言葉の最後に、

「えらいね!」とか、「すごいじゃん!」とか、

自分を認めてあげる一言を付け足すといいんですって。

 

そして、寝る前に褒めるのがベスト。

1日のよかったことを振り返りながら眠りにつくと、

脳内物質の「セロトニン」「メラトニン」という

ホルモンが分泌されて睡眠の質が良くなるのと、

寝ている間に潜在意識が働いて、

翌日ポジティブでいられるそうですよ。

 

 

本当かな?

と思った方も、いますか?(^ ^)

でも、少なくとも、

 

自分で自分を責めていても、何も変わらない。

自分で自分を褒める方が、ずっといいですよね❤︎

 

今晩から、やってみてくださいね。

 

 

お読みいただきありがとうございました。

 

©︎ 2019 dolcevita_makoto